Home » セキュリティを考える

セキュリティを考える

セキュリティ面で向上させていく上で、ホームページとしてcmsを活用しながら経営に関して効果を発揮させなければなりません。制作を行う際には両方を意識しながら構築することが必要となりますが、複雑化してしまうと担当者の更新が難しくなります。そこでデータベースなどの構築を行いますが、容易に情報を変更されないように意識をするようにしましょう。メタタグなども活用できるので、cmsは使用用途も検討していきながら導入していくようにしましょう。

様々な機能拡張もあるので、簡単に非公式で提供されているプラグインを利用してはいけません。リスクを増大させないように精査していくことも必要といえますが、スクリプトなどが入っていれば自動的に実行させないように対策を講じましょう。アクセスする時にもセキュリティ面で活用できるSSHによって行えるようにしていくと問題ありませんが、脆弱な状態だとリスクを全て防ぐことができません。

セキュリティーにおいては簡単に情報を更新できるcmsの特長を考慮しながら、脆弱な部分を攻めてくるケースが少なくありません。必ずリスクが付きまとってくるので、軽減できるように導入段階からしっかりと検討していきましょう。そして運営フローを明確にしながら、リスクが軽減に努めていくようにしていきましょう。

参照LINK『cms導入:vibit CMS Neo』

Pocket

Name of author

Name: 管理者