Home » 日別: 2017年4月7日

ベンダーによる運用

cmsをベンダーによって運用していく際に、稼働しているサーバーはオンラインで活用されています。よって運用に関わっていく業務を、ベンダーが請け負う必要がありません。しかし毎月のコストが徐々に蓄積されていくので、自社サーバーの運用関連の費用も踏まえながら決めていくようにしましょう。

コンテンツにおける管理体制を考えていくことも重要で、セキュリティ対策としても効果を発揮します。cmsは履歴管理を行うことができるため、そこから更新者を把握することができます。責任の所在も履歴管理から明確にすることができるため、色々な人がcmsへログインして作業する時には必須と言えるでしょう。履歴管理によって情報を復元していくこともできるため、便利にcmsを利用することができます。

ワークフローを活用しながらチェック体制を万全に構築することができますが、承認機能をcmsへ設けておくことによって、事前にコンテンツの内容のチェックすることができます。もしもセキュリティ面で問題があれば承認する必要がありませんので、確実な運用体制を企業内で築くことができるでしょう。品質も保持することができますが、cmsはメリットだけではありません。効果的なホームページを安く制作できる分、セキュリティ面で盗み見される可能性をクリアしながら作ることが必要です。

Pocket